赤血球形態表現方法
奇形赤血球について
 
異常を示す赤血球形態の全視野に占める割合と表現方法   Spherocyte、schizocyte、dacryocyte については出現比率が低くても臨床的重要性は高いので以下の基準とする
     
異常を示す赤血球の
比率(%)
表現方法
0〜3%未満
3%以上〜10%未満 1+
10%以上〜20%未満 2+
20%以上 3+
 
異常を示す赤血球の
比率(%)
表現方法
0〜1%未満
1%以上〜3%未満 1+
3%以上〜10%未満 2+
10%以上 3+
 
必要によっては赤血球に対するpoikilocyteの比率を実際に算定する。
(赤血球中のpoikilocyteとして%で求める)